相続税の申告の注意点

相続税の申告の仕方について

相続税の申告の仕方について注意があります。相続税申告書だけを提出する訳ではないということです。相続税申告書だけでなくさまざまな添付書類をつけて提出することが求められています。相続税申告書の添付書類は戸籍謄本などです。戸籍謄本とは日本において定められている戸籍法に基づいて作製されているものです。ほかにも印鑑証明や住民票などを添付することが必要となります。これらの書類を相続人だけで集めることは非常に困難です。その際に利用すべきものとして専門家を利用するということです。これらの必要書類を用意する及びその他土地の相続登記の手続きのために司法書士を利用することで相続人の手間や時間を節約することができます。


相続税の対策とその方法について

相続税を減らすという対策ではありませんが相続財産を工夫することによって相続税の納付負担を減らすことができます。つまり原則として相続税の納付は金銭によって行う必要があります。なぜ原則なのかというと相続税には他の税目と違って物納という方法が認められているからです。物納とは不動産や有価証券などを金銭に代えて相続税に充てることができる制度です。ではなぜ物納という方法があるにも関わらず相続財産を工夫することが必要なのかというと必ずしも物納が認められるという訳ではないからです。物納を行うためにはさまざまな要件や課税庁の承認を得る必要があります。したがって物納ができないという時に備えて現金を保有しておくことも相続税対策としては大切になります。

© Copyright Inheritance Tax Rates. All Rights Reserved.