相続税の申告の仕方について

相続税申告書の作成とその方法

相続税とは人が亡くなった際に一定以上の財産を保有している場合に納めるべき税金です。したがってすべての人が納付や申告の対象となる訳ではないことになります。相続税の申告の仕方は被相続人が亡くなった日から10か月を経過する日までに申告書を提出する必要があります。この10か月という期間でいろいろな書類を用意する必要がありますので意外と短いといわれています。そしてこの10か月経過する日までに納付すべき税額がある場合には相続税を納付する必要があります。ただし金銭以外にも納付する方法が設けられています。それは物納という方法です。この方法では一定の条件を満たす不動産や国債などの資産を金銭に代えて納付に充てることができます。


相続税をおさえるための対策について

現在は以前に比べて相続税の課税対象が広がりまた税率も上がっているため相続税対策という言葉を新聞や雑誌などのメディアでよく目にします。相続税対策といってもその人の財産や債務の状況によって策は異なってきますのでそれぞれオ−ダ−メイドで考える必要があります。ただ相続税全般に当てはまる考え方として被相続人となるべき人の財産を減らすことはどの人にとっても共通した相続税対策となります。では財産を減らすためにどうするのかというと贈与がその方法のひとつとなります。つまり相続人に対して生前贈与を行っていくことで被相続人となるべき人の財産をなるべく減らすということです。ただし被相続人が亡くなる3年前までに行った贈与は相続税の対象となるのでなるべく早めに対策を行うことが大切となります。

© Copyright Inheritance Tax Rates. All Rights Reserved.