相続税の申告とその対策について

相続税の申告について

相続税の申告はすべての人が提出しなければならないという訳ではなく、人によってそれぞれとなっています。相続税の納付と提出義務については大きくわけて3つにわけることができます。ひとつめは相続税の納付及び相続税申告書の提出義務のある人です。ふたつめは相続税の納付はないが相続税申告書の提出義務はあるという人です。これは相続税の特例を利用している人などが該当します。最後に相続税の納付も申告書の提出も必要ないという人です。これは被相続人の純資産が基礎控除以下の場合などが該当します。特に提出し忘れなどが多いのが2番目の納付義務はないが申告書の提出義務があるというケ−スです。期限後には特例を適用できない場合もあるため注意が必要です。


相続税対策の方法について

相続税の申告の仕方は被相続人のすべての財産から債務を差し引くことからはじまります。そしてその純財産を法定相続分に分けて税額を求めます。そしてそこから実際に相続人が受け取った純財産の割合に応じてそれぞれ相続人の税額を計算することになります。ここからみてわかるように相続税対策の方法としてはおおきくわけて3つになります。ひとつめが相続税の特例を用いることです。これは保有していた財産の種類によってそれぞれです。ふたつめが財産を減らすということです。これは生前贈与を行うことによって減らすことができます。最後に債務を増やすというものです。これは生前に借入金を残すことによって実現することができます。おおまかな対策はこの3つが基本となります。

© Copyright Inheritance Tax Rates. All Rights Reserved.