相続税の申告の仕方について学びましょう

相続税の基本のご説明

相続税の申告の仕方についてみなさんご存知ですか。相続税を申告しなかった場合、リスクが伴いますが、そもそも素人にはその判断がむずかしいものです。ここではその対策と方法について簡単にご説明します。まず、相続税を申告する必要があるかどうかの判断です。課税対象となるのは、死亡された方から受け取った財産の金額が基礎控除額を超える場合です。したがって課税対象額がゼロ以下になる方は原則申告不要となりますが、小規模宅地に関する特例や、相続税においての配偶者控除を利用している場合は申告の必要が生じますのでご注意ください。相続税の申告期限ですが、被相続人の亡くなった日から10ヶ月以内であり、税金を納付する期限も同期限になります。


相続税の申告書の書き方

では、相続税を申告しないとどうなるのでしょうか。申告し忘れていた場合、「期限後申告書」という書類を提出することで対応できます。同申告書は、先に述べた期限内に提出する申告書と記載内容は全く同じです。しかしながら、提出が遅れた日数に準じて罰金を支払う必要があります。支払い金額は、ケースにより様々ですので、ホームページなどで確認しておくことをお勧めします。相続税の申告書は、第1表から第15表まである上に、付表なども作成する必要があります。素人が簡単に作成できる代物ではありませんので、税理士など専門医に依頼できる環境にある方は作成してもらうのが賢明です。記載のポイントとしては、まず誰がいくら相続したのか、対象となる金額はいくらか、納付額はいくらか、といったことになります。

© Copyright Inheritance Tax Rates. All Rights Reserved.